「What Car? Awards」で「ロールス・ロイス・ゴースト・シリーズII」 が、「世界のベスト・スーパー・ラグジュアリー・カー」の評価

年に一度の「What Car? Awards」により、ロールス・ロイス・モーター・カーズは、世界で最高級のラグジュアリー・カーのつくり手として認められました。これは「ゴースト・ シリーズ IIエクステンデッド・ホイールベース」が10万ポンド以上のカテゴリーで「ベスト・バイ」賞を獲得したことを受けて与えられた栄誉です。 これでロールス・ロイス・モーター・カーズは、「What Car? Awards」のこの名誉あるクラスに10年間選ばれ続けました。 さらに「ゴースト・シリーズ II」の2度目の受賞を祝うものでもありました。

賞の授与にあたり、「What Car?」の審査委員会は、特に「ゴースト」のダイナミックさについて言及しました。 「軽いステアリングは正確で、どんな速度においても精密にノーズを誘導する。またペダルのレスポンスは調整が容易で、V12ツインターボエンジンの出力の滑らかさは、どんなエンジンの中でもトップクラスである。」 

ロールス・ロイス・モーター・カーズCEOトルステン・ミュラー・エトヴェシュは次のように述べています。「2009年に市場に参入して以来、ゴーストはずっとロールス・ロイス・モーター・カーズを新たな高みへと押しあげる役割を果たしてきました。 ゴーストは世界で最も見識を持ち、成功を収めた企業家たちを魅了してきました。ロールス・ロイスのラグジュアリーさに徹底した現代的解釈を加えたこの車の魅力に惹かれた特別な層のお客様方です。 「ゴースト・シリーズ II」 モデルは、目覚しく進化したテクノロジーと、魅力的に改良された車両のエクステリアとが相まったものです。 お客様からの反応は引き続き非常に好評で、世界のメデイアの専門家の皆さんからもこれに賛同頂いていることを非常に嬉しく思います。」

英国で起業家として成功を収めた新たな顧客層が選ぶスーパー・ラグジュアリー・カーとして、ゴーストがその確固たる地位を築いたことにより、当社は2015年の英国おける成長を発表。それに続き、「What Car? Award」受賞の栄誉となりました。 今年は、ロールス・ロイス・モーター・カーズ英国7番目の正規代理店がブリストルのクリブス・コーズウェイにオープン予定。また、世界で最も社交的で美しいスーパー・ラグジュアリー・カーである「ドーン・ドロップヘッド・クーペ」のお客様への初の納車が行われます。

グローバルに見ると、「ゴースト・シリーズ II」の成功は、20万ユーロ超のスーパー・ラグジュアリー・セクターにおける当社の優位性を築くことに大きく寄与しました。