ロールス・ロイス・モーター・カーズが将来の技術開発を発表

2015年2月、ロールス・ロイス・モーター・カーズは新しいアルミニウム製スペースフレーム・アーキテクチャの開発を発表しました。これは2018年前半から市場に導入され、今後のロールス・ロイス全車種を支えます。 同社は本日、この最新アーキテクチャのテストを開始したことを発表しました。準備段階の活動として新しいミュールカーのテストを世界中の公道で行います。

 

真のラグジュアリー・アーキテクチャ

未来の真のラグジュアリー・モータリングが、既に具体化しつつあります。ロールス・ロイス・モーター・カーズは、将来的にロールス・ロイスの全車種を支えることになる新しいアルミニウム製スペースフレーム・アーキテクチャのテストを開始しました。 この新アーキテクチャは、2018年の前半に市場に導入されます。

世界中の様々な地の公道で、ミュールカーのテストを実施します。 テストの現段階の目的は、新しいスペースフレーム構造がロールス・ロイスのトレードマークでもある「魔法のじゅうたんの乗り心地」が、どんな道路状況でももたらせるかどうか、また、過酷な気象条件の下でも耐久力があるかを確認することです。 2018年前半に新世代のロールス・ロイス車を導入するための開発プログラムの第一ステージが、この新しい自社アーキテクチャの評価です。

「2003年、グッドウッドにロールス・ロイスの新しい本拠地を置いて以来、ロールス・ロイス・モーター・カーズはラグジュアリーなモータリングのベンチマークをリセットしました。」と、ロールス・ロイス・モーターカーズのCEOトルステン・ミュラー・エトヴェシュはコメントしました。 「今こそが、ラグジュアリーな旅の次のステップに進む時なのです。弊社が独自に開発した新アーキテクチャの路上テストが開始されることを今日皆さんに発表するのは、そのためです。  真のラグジュアリーを支えるこの新アーキテクチャは、未来の弊社ブランドのための大きな投資です。